巣篭もりってわけじゃないけどプラモデル始めました

新型コロナウイルス感染拡大による非常事態宣言で外出できなくなった影響か

プラモデルが売れているらしいです。

 

僕たち40代以上の世代はプラモデルが子供の頃のフツーの遊び

そんなにハマったわけでなくても、一度くらいは手に取ったことがあるんじゃないでしょうか?

 

外出できない今、普段やらない自宅でできる遊びとして「久しぶりにやってみるか」となった方も多いかもしれません。

 

今回は、僕が久しぶりにプラモデルを作ることにした経緯も含め、プラモデル の魅力を少し紹介してみます。

 

・実は新型コロナがきっかけではないのです

たまたま、このコロナ自粛と重なってしまいましたが、僕がプラモデルを作り始めたのは実はコロナとは関係なくて

少し前から準備(何作ろうかな〜って考えること)をしていました。

 

数年前から、たまに気になるキットをヤフオクなどで購入していて

将来、時間が取れるようになったら

つまり、老後の備えとして備蓄を始めていたのですが

ところが、昨年から急に老眼が進み、手元の小さなものが見えにくくなってきたので

これは老後まで待っていると、プラモが作れなくなる➡作れるうちに作っておこうと考えるに至ったんですね。

f:id:dsuke0706:20200428235424j:image

 

あとは、「水溶きアクリル塗装」という

水性塗料を使った塗装技法を知ったので、それを試したいという思いが強くなったこと

Youtubeで作品を作る過程やTipsを公開している皆さんの動画を観たことにも影響を受けていますね。

 

・今回は5回目のマイプラモブーム

僕の45年の人生の中で、その熱量には差がありますがプラモブームは過去4回発生していて

今回は5回目のブームです。

ちょっと、これまでを振り返ってみることにします。

 

〇小学校4~6年生

 モーターライズ(モーターを使って動くようになっていたキット)を中心に、カーモデルを中心に楽しんでいました。

 塗装もしていましたが、ラインなどのワンポイントが中心でしたね。

 とにかく買ったら作って、完成品で遊ぶことがメイン。

 ミニ4駆で遊ぶような感じですね。

 そうそう、当時は今主流のレーサータイプのミニ4駆がちょうど登場したころでした

 「レーサーミニ4駆」第1弾のホーネットJr.とホットショットJr.はなぜかこうにゅうしませんでしたが、「コミカルミニ4駆」はすべて買ったと記憶しています。

 その後、ラジコンのほうに行ってしまい、このブームは終了します。

 

〇高校2~3年生

 足の手術のために入院した際に、友達がお見舞いに持ってきてくれたフジミのMig-21がきっかけでした。

 当時、湾岸戦争が勃発したこともあり、にわかミリタリーオタクと化していた僕は、ゲームの大戦略シリーズと飛行機プラモづくりに没頭します。

 このころは、ジェット戦闘機ばかり作っていました。

 スケールは1/144、1/100、1/72を混合して作っていて、当時100円か200円で買えたエルエスの1/144はたくさん作りましたね。

 このころは、エアブラシも手に入れたりして塗装も頑張ってましたし

 モデルアートやモデルグラフィックスなどの専門誌も購読していました。

 当時はインターネットも使えませんでしたから、塗装色の情報なども雑誌に頼るしかありませんでしたね。

 

〇大学1~2年生

 大学に進学して加入した、サークルの活動で使う材料を購入するのに東急ハンズを利用していたのですが。その時に見つけたタミヤの1/72ウォーバードシリーズを集め始めます。

 高校の時と違い、大戦機とヘリコプターを集めていたのですが

 当時、進学して一人暮らしをしていた僕は引っ越し先にエアブラシ含め道具は持って行っていたりで環境は整っていたはずなのですが、結局1機も作らず。

 就職で引っ越しするときにすべて売却してしまいました。

 このときは、キット持っているだけで満足でしたね。

 それはそれで、ひとつのプラモデルの楽しみ方なのではないかとも思います。

 

〇社会人 30歳ごろ

 何がきっかけだったのかは忘れてしまいましたが、結婚してしばらくたったころ

 また、飛行機モデルを購入し始めます。

 当時、韓国アカデミー製のキットがリーズナブルな価格で流通していて大戦機をいくつか作りました。

 この時の新しいチャレンジとして、塗装時のにおいの少ないタミヤアクリルをメインに筆塗りのみの塗装としていました。

 このときは息子が生まれたことを機会に中断しますが、今回の再開につながる基礎ができたような気がします。

 

 

・その時その時の楽しみ方があるのがプラモの魅力

 これまでを振り返ってみると、その時その時で取り組み方が違っていますね。

 基本的に飛行機がメインではあるのですが、中断をはさみながらも少しずつ成長しつつ、自分のスタイルができている気がします。

 

 僕は作る時間がなければ、作らずにコレクションを眺めているだけでも楽しみ方だと思いますし

 雑誌や他のモデラ―の作例を見てそれに近づけようと努力するのもありですし、自分のできる範囲で終わらせるのもありだと思っています。

 

 今回は、子どもも少し大きくなったので、できれば一緒に楽しんでいきたいと考えています。

 

 あと、インターネットが普及したおかげで、特に動画でテクニックを学べるようになったのが素晴らしいことだと感じています。

 欲しいキットを、ネットショップやヤフオクで購入できるよのも便利ですよね。

 良い環境が整ってきたものです。

 

僕がよく観るYoutubeサイト、イギリスのOwenさんが作っていてライトな感じの作例が見ているだけで楽しめます

www.youtube.com

 

・まとめ

  10数年ぶりにプラモデルに再挑戦を始めました。

 いままでも、何度か作ってきましたがそんなに上手に作れるわけでもありません

 でも、自分の「作りたい」気持ちを大切に、家族も一緒に楽しんでいけたらと考えています。

 

 ネットのおかげで、プラモデルのような少しオールドな遊びが逆に楽しみやすい環境が整ってきました。

 昔作ってたよな方も作ったことがない方も、この家にいなければいけない時間を使って楽しんでみるのも良いと思います。

 

 

 キットや道具のネット購入にAmazonを利用しています。塗料以外はリーズナブルに購入できるので便利です。

 塗料に関してはAmazonは高いので、Yahoo!楽天市場を通じて、模型店Joshinのネットショップを使うとまとめ買いならリーズナブルに購入できますよ。