買うなら最後のチャンスかもしれない「早過ぎた名車」ホンダ アヴァンシア

1990年代のホンダ車はチャレンジングで個性的なクルマの宝庫です

ステップワゴンやオデッセイのように今につながるクルマもあれば

忘れられてしまったクルマも・・・

 

その中には、今回紹介するアヴァンシアのように

忘れられてしまうのが惜しいクルマもあります

 

地味ですが、多くのクルマに影響を与えたのではないかというコンセプト

今ならかなりお安く買えますよ

ホンダ アヴァンシ

 

f:id:dsuke0706:20200216153934p:plain

www.honda.co.jp

 

 

・ワゴンではなく、新しいクルマの価値を生み出すことに挑んだクルマ

以前勤めていた会社の先輩が、次のクルマはアヴァンシアにしたいと言っていました

その先輩は当時、シトロエン・ZXブレークに乗っていて

過去の車歴を含め、クルマの知識のすごい人だったのですが

当時の僕は、なぜこの先輩がアヴァンシアを欲しいというのか理解できずにいました

 

当時の僕はこのクルマのコンセプトが理解できず

何となく間延びしたワゴン、4ドアのアコードエアロデッキくらいにしか思っていなかったのです

 

ホンダはアヴァンシアをワゴンとは呼ばず「4ドアクラブデッキ」というよくわからん名前で呼んでいたようなのですが

これ、当時押し込められるように乗るのが当たり前だったリアシートの乗り心地を

前のシートのように快適にして

乗っている人が平等にクルマを楽しめるようにしようというコンセプト

 

言い換えると、リムジンの後席を

普通の人が買えるクルマに持ってきたということなんですね

 

最近はミニバンや軽のワゴンなど

リアシートとフロントシートの間隔を広くとっているクルマが多くなってきましたし

セダンもホイールベースを大きくとって、後席の居住性を上げるのが普通になってきましたが

当時はまだまだ、後席は前に合って

後ろの人は足先がフロントシートの下に入るからいいよね

くらいの考え方が一般的だったのですが

ヴァンシアは後席で足が組める

後席用のエアコン吹き出し口やスピーカーがある

と後席の居住性を重視したクルマのはしりだったようです

bestcarweb.jp

 

・ミニバンにはないスポーティさが魅力

今のミニバンの2列目のような居住性を持つアヴァンシアの魅力は

その居住性を持ちながら、ミニバンではできないスポーティな設計となっていること

 

重さは1.5トンとミドルクラスセダン並み

普通のミニバンと比較すると、300kg~500kgくらい軽くなっています

エンジンの出力は、2.3Lモデルで150psですから

そこそこ走る設定になってますし

3Lモデルにいたっては210ps(!!)もありますから

これはちょっとしたホットモデルと言ってよいでしょう

 

前後ダブルウィッシュボーンという凝ったサスペンション構造も

今は少なくなりましたね

 

ちなみに車高は1500mmと立体駐車場に入るサイズですから

都市部に出かけることが多い人にも便利です

 

このコンセプト、実は同じホンダのジェイドに引き継がれているんですよね

 

・購入するなら、車両価格の安い今がチャンス

ヴァンシアの車両価格は現在10~30万円くらい

20年落ちとなるので、税金は少し高くなりますが

クルマの内容を考えると魅力的です

 

物件数は少ないですが、丁寧に乗られたきれいな物件が多いようです

 

購入時に気にしておきたいのはタイミングベルトの交換歴

このころのホンダ車はエンジンにタイミングベルトを使用しているのですが

これが切れたり、歯が削れたりするとエンジンを壊してしまいます

ゴム部品なので10万kmくらいで交換が必要なのですが

年式が年式なので、距離にかかわらず交換しておいたほうが良いでしょう

業者によっては事前に交換しておいてくれたりするので

交換済みの車両があればそれがおススメです

 

自分で依頼して交換する場合は、部品代と工賃で7~8万円くらいのようです

送料無料】 タイミングベルトセット ホンダ アヴァンシア TA1 TA2 H11.09~H15.06用 5点セット

 

あとは購入後でもよいので

エンジンオイル、ブレーキオイル、ブレーキパッドは交換しておいたほうが良いと思います

ホンダ アヴァンシア ブレーキパッド EXTRAspeed(ESタイプ) フロント用 左右セット TA2/4 アバンシア (99/11~)

ブレーキパッド ホンダ アヴァンシア ES335112 ホンダ アヴァンシア ブレーキパッド EXTRAspeed(ESタイプ) リア用 左右セット TA1/3 アバンシア (99/11~)

 

タイヤはホイールを交換と一緒に交換しておくと気持ちよく乗れそうです

プレミアムコンフォート系のそこそこグリップして、静かなタイヤがクルマのキャラクターに合うと思います

 

個人的には、純正のディスクっぽいホイールより

下のような細めのスポークで色は黒いものが、引き締まった見た目になるので良いと思います

 

f:id:dsuke0706:20200216155700p:plain


Verthandi YH-M7 18インチ +NANKANG NS-2 215/40R18 89H XL

 

あと10万円くらい手持ちを準備しておくと

不意なトラブルや故障に対応できるので安心ですね

 

ここまでで、うまくやれば車両込みで50万円くらいです

50万円でこのクルマが楽しめると思うとワクワクします

 

・まとめ

ホンダ アヴァンシアは現在のミニバンやジェイドにつながる

後席の快適性、乗る人全員の快適を考えた

当時としてはとてもエポックメイキングなクルマでした

 

地味ではありますが

ほどよいスポーツ性も含め、他社のいろいろなクルマにも影響を与えています

 

20年前のクルマとはいえ

現在そこそこの整備も含めたコミコミで予算50万円で狙えるのも魅力

他の人と違う、個性的なクルマを手に入れたい人には検討する価値のあるクルマだと思います

 

現在でも物件数は限られていますし

今後さらに少なくなる可能性がありますので

楽しむなら、今が最後のチャンスかもしれません

 

www.goo-net.com