五月病対策にメンタルカウンセリングを活用しましょう

ゴールデンウィークも終わってしまいましたね。
会社や学校に行けない
行ったはいいけど、辛いという方もいらっしゃるかもしれません。

僕も今年の年始は、出社する二日ほど前から夜何度も起きてしまうようになり
寝不足が続いていました。

幸い、会社にメンタルヘルスのカウンセラーが来る日がありまして
カウンセリングを受け、なんとか体調を維持しています。

カウンセリングについてよくある誤解は
会社に行けないような深刻な事態になってから、カウンセリングは受けるものだ
カウンセリングを受けると、出社停止になるなどで
この誤解によって、本当にカウンセリングが必要な状態なのに放置して
メンタル疾患に陥る人が意外に多くいます。

メンタルカウンセラーはお医者さんではないので
メンタル疾患にならないように
その原因になりそうなことを、相談者と一緒に考え
相談者が対処するのをサポートする人なんです。

だから、相談者の側もそれなりに元気が残っていることが必要で
体調を極端に悪くしている場合などは手遅れな場合がある多いです。

ちょっと辛いなとかうまくいかないなとか
このまま続くと良くなさそうだなとか
予兆を感じた時にカウンセリングを受けて
心身ともに良い状態をキープするために利用してみることをオススメします。

</p