ミニ4駆 ナイトレージ組立てました

先週組立てた「バロンビエント」に引き続き、
一緒に購入したもう1台、「ナイトレージJr.」も組立てました。


こちらは、もともとラジコンカーで発売されていたものを縮小してミニ四駆化したもので
ラジコンカーのカテゴリーとしてはレーシングトラックというもの
実車にはない大きくはみ出したタイヤが特徴で、もともとアメリカで人気があったスタイルのクルマです。

ミニ四駆のキットとしては、結構前からあるものみたいで
先日作ったバロンビエントのFM-Aシャーシほど洗練されていませんが
当時としてはかなりエポックメイキングな、モーターに軸が前後に飛び出ていて、シャーシの中央に配置される構造で
その拡張/改造のしやすさから、レースでは戦闘力が高い人気シャーシらしいです。

組立てはFM-Aシャーシに比べて少し面倒なところはありますが、決して難しくはないので一気に完成品の写真に飛びます。

イメージ 1

完成したシャーシ。
いかにもトラックやオフロードバギーのシャーシといった武骨な感じがかっこいいですね。
ラジコンカーのシャーシの雰囲気もありますね。

このシャーシ、前輪ユニット、後輪ユニット、中央部の3分割になり
それぞれをいろいろなセッティングのものを準備しておけば、ユニットで交換してすぐに状況に合わせたセッティングができるようになってます。
昔、ドイツのDTMというレースで走っていたベンツのレーシングカーみたい!!

ボディをかぶせてみたところ
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
いや~、これはカッコいいや!!
思っていた以上にカッコいい!!

フロントのホイールアーチに対しての、前輪の位置なんか
前のめりというか、攻撃的でいいですね。

バロンビエントがカッコよかったので、メインマシンはバロンビエントに決定と思っていたのですが
正直揺らいでいます。
まいったまいった。

それにしても、こんな機構のシャーシを接着剤無しで組立てられるものに仕上げた設計者と
走りのイメージが浮かんでくるようなボディデザインを作ったデザイナーさんがすごいと思います。

この調子だと、またいろいろ欲しくなっちゃうな。

<関連記事>
ミニ四駆 バロンビエントを作りました