ダイソーの水性ニスを使ってみた

我が家には注文するときに指示をし忘れていて、棚がない収納庫がありまして。
5年近くなんとかしなきゃと思いつつも大きな問題もないので放っておいたのですが、この度DIYで棚をつけました。

ステンレスのレールにクリップ状の棚受けをつけて板を乗せるタイプなのですが
この棚板を塗るのに、ダイソーの水性ニスを使ってみました。

棚板の素材は、ホームセンターで購入した1×8材。
ちょっと柔らかくて割れやすいですが
安くて加工が簡単なので使いやすい木材です。
今回は、板の幅がジャストフィットだったので1×8材を使いました。
カットはホームセンターでお願いしましたよ。

で、これを軽くサンドペーパーでやすって表面のデコボコやささくれをならします。
そのあと表面を濡れ雑巾で吹いて、削りカスを取り除いたら塗装タイム!!

イメージ 1


ダイニングテーブルに汚れ防止のブルーシートを敷いて、その上で塗っていきます。
ハケダイソーのもの、家にあったプラスチックの使い捨てコップに入れて使いました。

匂いも少ないので、時間がなくて夜中にしか作業ができないときでも、室内で作業出来るのが良いです。

ニス1瓶で75cm×15cmの棚板を3枚塗って、少し余りました。
ニスは重ねると色が濃くなるので、二回塗りしています。

今回、ウォールナット色を使ったのですが
バッチリ、ウォールナット調に仕上がりました。

イメージ 2


今回の総費用は、レールと木材のカットを合わせて2000円ほどでできました。
ホームセンターでニスを買うと、200~300mlのボトルを1000円程で買うことになるのですが

今回のように、ちょっと塗ればいいような場合
次にいつ使うのかわからないものをたくさん余らせるのは抵抗がありますよね。
そんなときに便利に使えるニスだと思います。

伸びも良いですし、水性でハケの掃除も楽なので使いやすいですよ。