ブルーレイレコーダーを修理してみた

我が家のもうすぐ10年選手のブルーレイレコーダーが壊れてしまいまして
ブルーレイディスクの読み書きができなくなってしまっていました。

クリーナーをかけても治らず
とはいえ、DVDは問題なく使えていたので放ったらかしにしていたのですが
息子と娘が撮りためていた大量のドラえもんをそろそろなんとかしたくて自分で修理してみました。

注意!!
電化製品の修理は感電や機器を壊してしまったりといったリスクがありますので、自己責任でお願いいたします。

まずは、カバーのネジ5個を外して中を覗いてみます.

イメージ 1
左上の赤枠の箱がブルーレイディスク

イメージ 2
赤丸のBDR-L04SHというのがブルーレイユニットの型番です。

中古品がヤフオクAmazonで出回ってます!!
本当に便利な世の中になったものです。

ちなみにこのユニットの後継機がBDR-L08SHという機種らしいです。
今回はそのものに交換(チキンだ・・・)

もともとのユニットについていたブラケットを新しいユニットに移植し
イメージ 3

二つのコードカプラーを抜き替えて
イメージ 4
外した順に元に戻せば、完了!!

作業時間は実質15分くらいでしょうか。
無事、ブルーレイレコーダーが復活しました。

イメージ 5

中古品です。
僕の買ったものも中古品。
どうもブルーレイだけが死ぬという症状がよくあるユニットみたいです。

後継機らしい
販売しているショップで互換性を確認したほうが良いと思います。
改良されているなら、こっちのほうがいいのかな?