プレミアム熟カレーを電気圧力鍋で作る→ちょっと失敗

夕方出かける予定があったので、電気圧力鍋のタイマー予約でカレーを作ることに挑戦してみました。

本日使ったのはこちら
イメージ 1


プレミアムと付くだけあって、バランスの取れたおいしいカレーでした。
今回、つくり方をちょっと失敗したのですが味は家族に好評でした。
あと、1皿分ずつ小分けになっているので、一人暮らしや小腹が空いたときにちょっとカレーが食べたい、というときに便利なカレールーです。

前回、電気圧力鍋でカレーを作った時(電気圧力鍋でカレーを作ってみた )に油で炒めていないことが原因と思われるコクのなさが気になったので
今回は、玉ねぎ1個分のみじん切りをバター風味のマーガリン(本当はバターがあればよかったんですけどね)であめ色になるまで炒めて投入しました。
イメージ 2

なんかこの1週間、三回くらい玉ねぎのみじん切りを炒めている気がしますw。

で、今回のメインはイオンのブラックフライデーセールでゲットした、牛すね肉。
100g=100円くらいで買えました!!
イメージ 3
この肉があったので、電気圧力鍋を使ったというのもあります。

これを一口大に切って
あとは、冷蔵庫の中にあった マイタケ、しめじ、オクラと一緒に鍋の中へ。
イメージ 4
ルーの箱に書いてあった、4皿分の水500㏄と炒めた玉ねぎを入れたら
帰ってきたころに煮えているようにタイマーをセットして出かけます。

家に帰ってきたときには、キッチンがいい匂い!!
プレミアム熟カレーを入れて、溶けたらできあがり。

なのですが、今回本当は「追加熱」モードにして煮込まなければいけないのに
保温モードでルーを溶かしただけだったので、さらさらのスープのようなカレーになってしまいました。
→ちゃんと説明書を読まないから・・・。

すね肉は柔らかく煮えていて、味も玉ねぎを炒めていたからか美味しく仕上がったのですが。

やっぱり、カレーはとろみがついているのが肉ともなじんで美味しいですよね。

完成写真もうっかり取り忘れて食べてしまい。
詰めに課題を残す結果となってしまいました。

いずれリベンジしたいと思っています。

イメージ 5


15分の調理時間で牛すね肉は柔らかく仕上がっていました。
肉のだしが出ていたのも、味が良かった理由かもしれません。

まだまだ使いこなせていませんけれど、うまい活用方法のイメージはできてきました。




<関連記事>
ゴールデンカレーに○○を入れてみた