電気圧力鍋でおでんを作ってみた

カレーを作った時に、ニンジンが柔らかく煮えてとてもおいしかったので
電気圧力鍋をおでんを煮るのに使ってみました。

ちなみに、我が家の圧力鍋に付属のレシピにおでんのレシピが入っています。

だし汁としょうゆ、酒、みりんと一緒に切った具材を放り込みます。
今回、練り物などは別の鍋で煮たので
圧力鍋の効果を生かしてみたい具材(ダイコン、カブ、こんにゃく、たまご、ちくわぶ)をこちらで煮てみました。
イメージ 1

時間設定はレシピに従い、4分!!
(4分は沸騰して圧力がかかり始めてからの時間なので、実際の調理時間は15分弱です)

狙いどおり、しっかり味がしみ込んで柔らかい仕上がりになりました。
ダイコンは子どもたちにも大好評で
カブはとろとろの仕上がりです!!
イメージ 2

この圧力鍋の調理時間設定は、沸騰後の時間なので
煮汁を温めて調理すると時間短縮ができますよ。

短時間で味がしみ込むので面白いです。

今度は何を作ろうかな?