電気圧力鍋でカレーを作ってみた

うちは共働きなので、食事準備の負担軽減と時短を狙って電気圧力鍋を購入してみました。

買ったのはこれ↓

Yahoo!ショッピングで15,000円くらいです。









イメージ 2
早速、カレーを作ってみます。

材料を切って、水と一緒に鍋に入れ
カレーのボタンを押すだけ!!

写真の肉は、煮えればどうせばらけるだろうと無精して、冷凍庫で保存していたこま切れ肉を凍ったまま放り込みました。
残念ながら、ばらけず
あとで鍋の中でほぐすことになったので、切るなり解凍するなりしたほうが良いです。

この鍋は容量3Lと謳っているのですが、調理できるのは2Lほど。
カレー4人前くらいです。(付属のレシピ本は3人前標準で書かれています。今回はディナーカレーの箱に書いてあった4人前の分量で作りました)








なんと10分ほどで煮えてしまいます。
イメージ 3



















この後、保温ボタンを押して温めながらルーを溶かして完成です。
最初からルーを入れて、一気に完成とはいかないみたいですが、十分時短にはなります。
30分あればカレーが作れるということですからね。

できあがりはこんな感じ
イメージ 4



















野菜は大きめに切ったのですが、しっかり火が通っているというか
ジャガイモは荷崩れ寸前です。
にんじんは柔らかくて最高の状態でした。

ジャガイモは男爵よりも、荷崩れしにくいメークインなどを使うのがよさそうです。

また、油でいためていないのでコクが足りなく感じました。
バターなどを少し入れると良いかもしれません。
水のうちにコンソメやフォンドボーなど、具材に味を付けられるものを入れておくともっと美味しくなりそうです。

もう少し研究が必要ですが、電気圧力鍋は便利なのは間違いないです。
肉じゃがとかは味が染みて、おいしいんじゃないかな?

イメージ 5