久しぶりのラーメン博物館はすみれが圧倒的な安定感だった

夏の我が家の恒例で、トミカ博に行ってます。
関東の開催場所はパシフィコ横浜なので、帰りに中華街に立ち寄って散策と夕食を楽しんでいたのですが
今年は少し変えて、帰りに新横浜のラーメン博物館によって来ました。

子供が生まれる前に妻と行ったきりなので、10数年ぶりのラー博です!

イメージ 1


ビルの中に作られた昭和の町並みは、細かいところに凝って作られていて、とても楽しい散歩ができます。

肝心のラーメンはというと

1軒目:すみれ で普通の醤油ラーメンと味噌ラーメンを1杯ずつオーダして、4人でシェア

2軒目:2代目げんこつ屋 で 醤油ラーメンの小を3杯

3軒目:YUJI RAMEN でツナコツラーメンを柚子胡椒入りと無しを1杯ずつ

結構頑張りましたよ。
※ごめんなさい、ラーメンの写真は撮り忘れました…。公式HPの方で各お店の詳細とともにご確認ください。

で、お味はというと。
ツナコツラーメンは新しいチャレンジ感があって、面白いラーメンでした。
僕はもう少し何かあればな~とは思いましたが
これまで食べたことのある魚介系ラーメンとは全く違うアプローチは一度食べる価値はあると思います。
スープと麺のキャラクターは合っていると思います。

げんこつ屋さんの醤油は
しっかりとしていて、奥行きというかいくつもの味が次々に現れてくる感じで、とても美味しいラーメンでした。
オーダーしてから切るという麺も、もちもちしていて特徴ですね。

で、今回これを食べに行ったと言っても過言ではない、すみれのラーメンはやはり盤石、不動の安定感でありました。
前回は味噌だけだったのですが、今回は醤油も試してみて
こちらもかなり美味しい醤油でした。
が、やっぱり味噌が一番かな。

実は、まだ気になるお店もあったのですが
そんなに食べられないので、近いうちにまた行きたいと思ってますよ。