スピードスケート パシュートはアメリカの自動車レースに似ていますね

オリンピックのスピードスケート女子パシュート 金メダルおめでとうございます!!

先日、NHKスペシャルで日本チームを取り扱った番組(https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180214)を観まして
その厳しい練習はもちろん、チームの作戦も含め奥の深さを感じていたので
今日の試合はドキドキしながら観ていました。

ワールドカップでの成績が良かったので、かなり期待されていましたが
おそらく大きかったであろうプレッシャーに打ち勝って、とても良いレースと結果を見せてくれました。

番組の中で、隊列の組みかた、選手の入れ替わり方へのこだわり
選手の先頭を走る距離の配分など、相手より早くゴールするための努力と戦略が積み上げられていることを紹介していました
それは、スポーツの域を超えた技術開発の場のようでした。

そういえばこれ、アメリカのNASCARのレースに似ています。
映画「カーズ」に描かれていたあの世界です。

オーバルのコースをくるくる回るだけの大雑把なレースと捉えがちですが
その中身はとても繊細でタクティカルなチームスポーツかつ駆け引きの世界です。

コースが単純なだけに、ちょっとしたタイミングや展開の組み立て
同一チーム内での協力など、パシュートに近いものがあると思います。


NASCARのレースには、上の動画のような大きなトラック(コース)だけでなく
1周800mほどの小さなトラックもありまして、
こちらはスピードスケートのショートトラックに似ています。

こちらはこちらで独特の戦略やテクニックがあるのも同じですね。

スピードスケートもNASCARも一見単純に見えるかもしれませんが
その中身はいろいろなことが詰まっています。
だから面白いんでしょうね。


NASCARはスカパー!日テレジータスで全戦放送しています。