予算3000円でトイドローンを探してみる

年が明けてから、次年度モデルの準備が行われてきているためか
トイドローンの価格が下がってきているような気がします。
Amazonのタイムセールに頻繁にドローンが登場しているみたいですしね。

さて、何となくドローンを買ってみようかな?面白そうだなと思っていても
実際に購入する段階になると、どれを買えばよいのか困ってしまいますよね。
Amazonを見ても、2000円くらいで買えるものから十万円を超えるものまで
メーカーも機能も本当にたくさんあります。

そこで、初めてでとりあえずドローンを買ってみたいという方に、3000円くらいの予算で買えるドローンを紹介してみたいと思います。
3000円であれば、飲みに行く1回分です。
飲み1回分で、少なくとも1か月くらいは遊べると考えると悪くないですし
お子さんと一緒に遊ぶおもちゃとしても、高すぎないと思います。
もし、自分には合わなかったと思っても、まあいいかと思える価格かなと思います。

それでは僕のおすすめドローンを紹介していきましょう。

Potensic A10
イメージ 1
僕のイチオシはこのPotensicのA20です。僕も持ってます。

特に家の中で飛ばしたい方には、サイズ・速度がちょうどよく、動きもかっちりしているのでコントロールしやすくておすすめです。
機体もコントローラーも手のひらサイズのコンパクトなものですから4.5~6畳間くらいの部屋でも十分楽しめると思います。
音もほかの機種に比べると静かです。

安全面でも、プロペラガードがプロペラの全周についているタイプなので、壁や家具にぶつかっても傷をつけにくいですし。
万が一、人にぶつかってもけがをしにくいと思います。
また、障害物に当たって横倒しになったりすると自動的にプロペラの回転を止めるように設計されているみたいで、物陰に飛び込んだときに暴れまわってしまうようなことがありません。

あと、ドローンを飛ばすのが初めてという方に嬉しいのは、ボタン一つで1mくらいの高さまで上昇する機能が付いていること。
高度維持機能も付いていますので、だれでもホバリングすることができます。
ヘリ系のおもちゃで最初につまずくのがこのホバリングで、最初に飛ばした時に天井に当てて壊したりするとやる気を失ってしまいますからね。
ラジコンカーなどを経験していても、ドローンの操縦は慣れるまで少し難しいところがありますから、この機体のように最初の難しい壁を機械側でやってくれるのは初心者には助かります。

欠点は、バッテリーが交換タイプでないこと
充電に40分ほどかかるので、買って最初の夢中になって遊んでしまう時期にはまどろっこしく感じるかもしれません。特に子どもと遊ぶと待ってくれないんですよねw。
そして、コントローラの外観の質感がちょっとチープなのと、トリム(舵の微調整)が他の機種のコントローラーと違うことが気になりました。これが最初だとあまり気にならないのかもしれませんし、スティックから手を離さなくても良いから理にかなっているのかなとは思います。

室内で遊べるドローンは1機持っていて損はないと思うので、まずはこれ買ってよと言えるドローンです。
Amazonで2,999円(僕が買った時より安くなってます)

参考記事

Holy Stone HS177

イメージ 2
20畳くらいの広いリビングや会議室、倉庫などで遊ぶことができる方にはこのドローンが面白いと思います。

まず、特徴はこのドローンが2機以上あれば、赤外線を発射しての対戦ができるということ。
お子さんや友達と遊ぶのに最高ですね。
ドローン買ったはいいけど何するの?に対しての答えの一つかなと思います。

対戦できることがクローズアップされますが、この機体の基本性能の高さも注目ポイントです。
この機体、スピードが速いんです。
メーカーによると、最高速は35km/hと謳っているくらいで、スピードジャンキーにはたまらないかもしれません。
とにかくパワーに余裕がある感じで、飛行も安定しています。

そのうえ、意外とバッテリーの持ちがよく7分前後飛ばすことができます。5分じゃ短く感じますが、このくらいあると1フライトの満足感が高いですね。
デザインも、SF映画に出てくる戦闘機みたいで僕は好きです。そのうち赤色に塗ってあの人の機体にしてみるか、グレーと黒に塗ってスターウォーズに出てくるみたいにしようかと思っています。

良いところの裏返しなのですが、性能が高いので6畳くらいの部屋の中ではフラストレーションがたまります。
広いところでビュンビュン飛ばしたくなってしまいます。
職場の友達と1機ずつ購入して、会社の会議室や倉庫などで遊ぶとかができればとても楽しいでしょうね。

あと、プロペラガードが小さいのにパワーが大きいので、家の中でものに当たった時が心配です。
僕が飛ばしているときに、壁に当たった時に機体が自動的に立て直そうとするのに対し、僕も立て直そうとして操作を加えたので大暴れしてしまうということがありました。
非常停止機能があるので、飛ばす前にそれを覚えておいていざとなったら落とすほうが良いです。機体はとても頑丈なので、天井から落ちたくらいでは全然平気ですから。

この機体も価格が下がっていて(Potensic A20に対抗している?)、Amazonで2,999円です。
色は赤も選べますし、お得な2機セットもあります。

下記の記事も参考にしてみてください。

JJRC H98

イメージ 3これ、ノーマークでした。急に価格が下がったのかな?
僕の持っていない機体ですが、この価格帯で数少ない外遊びができるドローンということ紹介しておきます。

先に紹介した2機は、手のひらサイズのドローンでしたが、これはもう少し大きいドローンで
室内から、風の弱い時の屋外で楽しめるサイズですね。
画質は高くなさそうですが、カメラも付いていて撮影もできるみたいです。

僕は残念ながら持っていないので、紹介しているブログと動画を載せておきます。

JIZOMAEのブログ”JJRC H98サクッとレヴュー”
http://http://jizomae.blog.jp/archives/46714621.html



この機体のコントローラーはJJRCのH36という小さなドローンにも使えるらしく
僕はそれを持っているのですが、コントローラーが日本の電波法適合の認証を受けていないことと、小さくて扱いにくいことをどうにかしたいと考えていたので、このドローンが欲しいです。
今なら、Amazonで2,600円!!(送料750円ですが)。無くなる前に買わなくちゃ。

以上、長文でしたが3000円でも十分あそべるドローンがあることが判っていただけたかと思います。
実は、日本の電波法適合認証を受けていないドローンであれば、安く手に入れられるものはまだあるのですが
今回は認証済みの物のみ紹介させていただきました。

参考になればうれしいです。