PotensicのA20は最初の1機に最適のドローンの一つだと思った件

ドローンを買おうかな?とかお子さんがドローンを欲しいと言い出した時、何を買えば良いか悩みますよね。
トイザらスに行っても、Amazonを見ても困ってしまうくらいたくさんの種類のドローンが販売されています。

そこで、初めてドローンを買う方、家の中で遊びたいという方には「フープ」と呼ばれる、プロペラの周りをダクト状のプロペラガードで覆ったタイプのドローンがおすすめです。
このタイプの代表的な機種は、JJRC H36とかInductrix BRADEなのですが、それらは送信機の技適を取っていなかったり(日本の電波法により飛ばしてはいけない!!)、送信機が別売りだったりするので人におススメするのが気が引けました。
で、技適取得済の物を探していたらありました!!Potensic社のA20というマルチコプターです。

グリーンがきれいなボディです。
イメージ 1

手のひらサイズの小さなドローンで、プロペラガードも全周付いているので家の中で遊ぶのも安心です。
これが付いていないドローンでカーテンに接触したりすると、巻き込んでひどい目に会います。
イメージ 2

JJRCのH36より前後が短く、横幅が少し大きいですね。
イメージ 3

高度維持機能が付いていますので、初めての方でも簡単に飛ばすことができます。
ワンキーフライト機能というものが付いているので、ボタン一つで自動で1mくらいの高さに上昇させることができます。
つまり勝手にホバリングします。

そうそう、技適マークもちゃんとついてますよ。
イメージ 4

飛行特性は素直そのもの
スピードも室内で飛ばすにはちょうど良い感じです。HS177はこれに比べるとじゃじゃ馬かもしれません。
息子にも飛ばしてもらいましたが、クセがなくてとても飛ばしやすいと寝転がりながら飛ばして言っておりましたw。

室内で遊べる機体は1機は持っていたいですから、最初に買う1機目に迷っている方にはベストな機体と言えると思います。
あとあとドローンを買い足しても無駄にならないと思います。価格も3000円くらいと、リーズナブルですからね。

欠点を挙げると、バッテリーが内蔵式なので、バッテリーを交換して連続で飛ばせないというところくらいですね。
iPhioneの純正充電器を利用して充電したら、30分くらいで満充電になりましたので、ちょっと我慢くらいですが・・・。

最後に僕が飛ばしたフライト動画を貼り付けておきます。
あまりに精度よく飛ぶので、小さな箱の上に着陸させようと頑張ってみたのですが、もう少し練習しないといけませんね。
う~ん、下手だなあ。
息子のほうが上手いですね。次は息子のフライトをUPすることにしましょう。

この記事が参考になれば幸いです。


2018年9月19日追記
色違いも発売されています。友達や家族で楽しますね!!


価格も僕が買ったときに比べて、お安くなっています。
3000円でこの性能はお買い得です。

あと、出るだろうなと思っていた、カメラ付きも!!
ちょっと高いけど、これもいいな。

<関連記事>