トイドローン選びのポイント

前回、ドローンを買うときには技適マークが付いているかどうかを確認したほうが良いと書きましたが
ドローン選びにはもう少しポイントがあります。

僕が、息子と自分のドローンを選ぶときに見ているポイントについて書いておきます。

1.重量が200g以下であること
 ドローンは機体の重さで、法律上2つに分かれています。
 200g以下であれば、おもちゃ扱いで特に制限がありませんので、常識的・他人にけがをさせたりなどの迷惑にならなければ自由に飛ばすことができます。
 しかし、200g以上の機体は、ある意味飛行機と同じ扱いになり、飛ばせる場所、時間に航空法の制限が課せられています。
 制限にかかる飛行をする場合には、役所に申請をして承認されなければ飛ばすことができません。

 遊びで飛ばすのであれば、まずは200g以下の小型のドローンから始めるのが良いと思います。
 小型ですから、家の中で楽しむこともできますよ。

2.操縦モード
 ドローンのコントローラーには、モード1と2の二つの物が販売されています。
 日本ではモード1が一般的で、世界的にはモード2といわれているようですが、その違いはというと

 モード1:右スティック・・・上昇、左右移動
       左スティック・・・前後移動、回転(旋回)
 
 モード2:右スティック・・・前後移動、左右移動
       左スティック・・・上昇、回転(旋回)

 ラジコン飛行機やヘリコプターをやっていた人は、モード1で操縦していた人が多いのでこちらのほうがなじみやすいそうです。
 はっきり言って、好みの問題なのですが、僕はラジコンカーが左スロットルだったのでモード2のほうが扱いやすい気がするのと、ドローンの動作は飛行機と少し違っていて、前後左右移動は一つのスティックで行ったほうが理にかなっている気がするので、モード2を選んでいます。
 機種によっては、向きに関係なく見たままの方向にコントロールできる機能があるのですが、その場合は圧倒的にモード2のほうが良いと思います。

 どちらが良いかわかんね~よ、という方は僕の息子の機種のように、モードを切り替えることができる機体を購入するのも手です。

3.高度維持機能
 気圧センサーなどを使って機体の高度を自動でキープしてくれる機種があります。
 これは好みといえば好みの問題なのですが、初心者にとっては操縦が圧倒的に楽になるので、初めての方はこの機能が付いている機種がおすすめです。
 ドローンは、飛ばし始めにトリムといって微調整が必要なことが多いのですが、この時に機体の高さをコントロールしながら行うのがとても難しいのです。
 この機能がついているだけで、安心して落ち着いてトリム調整ができますので、僕はあったほうが良いと思っています。

4.大きさ
 どこで飛ばすかで良い大きさが決まってくると思います。
 やはり大きくて重量のある機体のほうが、多少の風などに対して強く、安定しているので飛ばしやすいようです。動きもマイルドですしね。
 逆に小さいものは、ちょこちょこと俊敏に動くのですが、それが最初は難しく感じるかもしれません。また、小さいものは軽いので、エアコンの風で流されてしまったりもします。(慣れてくるとそれを利用して遊ぶのも楽しいのですが・・・。)

 息子の機体は、ローター(プロペラ)も合わせると30cm×30cmくらいになるのですが、確かに外でも安定して飛ばすことができますが、家の中ではホバーリングと離着陸くらいしかできません。
 反対に僕の10cm×10cmの機体は6畳間もそれなりの遊べるフィールドになります。

 一台だけを買うのであれば、ローター中心間が15cm程度、ローター含めると20cm×20cmくらいの機種が、家でも外でも遊べて良いと思います。

5.バッテリーが交換できるかどうか
 機種によっては、バッテリーが内蔵されていて取り外せないものがあります。これはこれである意味扱いやすくて良いのですが、一度とばすと充電が終わるまで飛ばすことができません。
 5~10分飛ばして、おっ慣れてきたといういいところでバッテリー切れすると、次の飛行まで1時間くらい待たなくてはいけません。
 ドローンはそのちょっと難しいところが、もっと飛ばしたいになってくるので、バッテリーが交換できて、予備バッテリーが購入できるものが楽しいと思います。

じゃあどれがおすすめなの?
 そうですよね。そんなにいうならどれがおすすめなんだよ?と言いたくなりますよね。
 どうせ、いろいろ欲しくなると思うので、直感で良いと思うものを買えばいいと思うのですが、僕の個人的に良いと思う、次に買おうと思っている機種は

イメージ 1
この機種は、手のひらサイズで家の中で飛ばすのにちょうどよい大きさながら
高度維持装置が付いていて、しかも価格は5000円台。
年末、忘年会が続いた後にお小遣いが残っていたら買うつもりです。

以上、参考になれば幸いです。

ドローンを購入するとき
Holy Stoneなどリーズナブルな中国製メーカーの機体を買うなら、アマゾンがおすすめです。

京商童友社などの日本メーカーやParrotも機体なら、Yahoo!ショッピングをおすすめします。
(取扱量が多いです)