オトナマニュアル 〜予算50万円の中古車探し トヨタ アルテッツァ〜

<POINT>
・エンジン出力特性が低速寄りのAS200が良いと思う
・MTの50万円以下物件は走行多い車が多いのでじっくり探すしかないね
ジータのMTという手もありかも

※このブログはカーセンサーnetを使って中古車物件を探しています。

オトナマニュアルといっても、オトナの振る舞いなどのマニュアルではありません。
マニュアルトランスミッション、MTのマニュアルでございます。そんなことワカッテルッテヽ(´o`;

さて、たまに無性にマニュアル車に乗りたくなることがありません?
確かにほとんどのクルマはAT、スポーツカーもレーシングカーもATの時代ですが、やはり自分でシフトレバーをコクッコクッと操作して、自分の足とタイヤがダイレクトに繋がっているあの感覚は楽しいものです。
今は、DCTなんてのも出てきて、ダイレクト感は得られるのですが、素早くシフトチェンジができればいいってもんじゃない。
まあ、ただの感覚の問題なのですが。

僕の記憶の中で、一番出来が良いと思ったマニュアルミッションはトヨタアルテッツァのものです。
ちょうどいい重さとカチッカチッというしっかりした感触が大好きです。
出来のいい精密な機械をいじくっている感覚というか、とにかく僕は好きなのです。

RS200を峠で運転したことがあるのですが、同時期のS2000ランエボ、インプなどに比べるとはっきり言って遅い車です。
220PSを絞り出す3Sエンジンが積まれているとはいえ、車重も決して軽くないアルテッツァはぶっ飛ぶ良いな速さはないのですが、ちょうど良い、僕のようなヘタれドライバーを置いていかない、気持ち良い速さの車という印象です。
中古車市場を見ると、MTは普通に10万km以上走っている物件が多いことからも、オーナーが気持ちよく走っていたんだろうなぁということが伺えます。

MT車のほとんどは3SエンジンのRS 200なのですが、アルテッツァに積まれている3S-GEはNAでリッター100馬力を出すために、トヨタが本気でいじったチューニングエンジンみたいなものでして。
いわゆるハイカム組んで、往復系も手を入れて高回転まで回るようにしたものなんですね。
で、下がなくなって普通は乗りにくくなっちゃうのを、VVTiでなんとかした、そんなエンジンなんです。
だから、車重に対して低回転がもちっとあればな〜という感じなんです。

その頃から、AT専用で販売されていた1Gエンジン搭載のAS200にMTがあったらそっちの方がよくね?という意見がありまして。トヨタさんも、後でAS200にもMTを追加するのです。

僕は、そんなに飛ばしたいわけでもなく、ただあの出来の良いミッションをカチカチいじりながら気持ちよ〜く走りたいだけなので、このAS200がいいんじゃないのかな〜と思っています。
でも、あまり玉が無いんですよね。
で、50万円以下であれば10万kmオーバーは覚悟しなければいけません。
とはいえ、20万kmとか走っている物件もありますから、特に問題ないのかもしれませんけどね。

ところで、物件を探していくと玉数は少ないのですが、ワゴン版のアルテッツァジータのAS200のMTで走行距離も納得の数字で50万円以下の物がちらほら!!
これは、穴かもしれません!!
ワゴンでMTというのは、車のキャラ上敬遠されるのかな?
こういう、視点を少し変えるとお買い得な車が出てくるのが中古車探しの醍醐味というものです。


僕は中古車を探すときは、いつもカーセンサーnetを利用しています。
ネットで購入見積もりや現在の愛車の買取見積もりをしてもらえます。
便利な世の中になったものです。