のぼうの城

先日、行田市の公園に行った際、その公園が舞台になった城の外堀跡と知りまして、ずっと観たかった映画「のぼうの城」をようやく観ることが出来ました。

野村萬斎の演技が、他の俳優さんと全然違うのだけど、それが主人公 成田長親をとんでもない非凡な人物として際立たせていて引き込まれました。

あと、成田家の家臣たちがとても優秀なチームでとても痛快です。実際はこんなではなかったのかもしれませんけどね。

爽快な活劇で、元気の出る作品です。

舞台となった、今の埼玉県行田市は自宅から行ける距離なので
忍城跡、石田堤跡などを訪ねてみようと思います。
もちろん行田のフライとゼリーフライを食べるのもコースに入りますw。