箱メガネを作る



先日、千葉の海岸に磯遊びに行ってきました。
潮だまりの中を見るには箱メガネがあると便利なのですが、結構高いので自分で作ってみました。
子供が2人なので、それぞれに買ってあげるとちょっとした買い物になってしまいますからね。

<材料>
1…100均のバケツ

イメージ 2



2…透明プラスチックのA4カードケース

イメージ 1



3…ゴム系接着剤

<作り方>
1…バケツの底を丸く切り抜きます。

イメージ 3



 今回使用したバケツの肉厚が薄かったためか、カッターで簡単に切り抜けました。
 バケツは肉厚の薄めのものを選んでおくと良さそうです。
 底に丸くついている段は接着のじゃまになるので切り取っておきます。

2…カードケースをバケツに開けた穴より少し大きめに丸く切ります。

イメージ 4

 二枚重ねで、キッチンバサミ(これも100均で買った)で簡単に切ることができました。
 半径で1cmくらい大きく切り抜きました。

3…切り抜いた透明プラスチックをバケツに貼り付けます。
 今回はシューグー(靴の補修用接着剤)で貼り付けましたが、普通のゴム系接着剤(硬化後も柔らかいもの。クリアタイプが綺麗に仕上がります)で良いと思います。

イメージ 5

使用時は外側から水圧がかかるので、外側から貼り付けてみました。

4…接着剤が乾いたら出来上がり。

イメージ 6



思っていたより簡単にできました。
実質の加工時間は1個あたり15分くらいじゃないでしょうか。

海で実際に使用しましたが、海の中がはっきり見えて
泳いでいる魚を観察することができました。

材料を100均で揃えれば400円で2個作れちゃいます。
バケツなので二つを重ねることができるので収納や持ち運びも楽ですし
観察用のプラケースなど、軽いものであれば中に入れておくことができます。

家族にも好評で、僕も大満足です。